Dansomanie Index du Forum
Connexion S'enregistrer FAQ Liste des Membres Rechercher Dansomanie Index du Forum

Ballet in America - news
Aller à la page Précédente  1, 2, 3 ... 12, 13, 14, 15  Suivante
 
Poster un nouveau sujet   Répondre au sujet    Dansomanie Index du Forum -> ダンソマニ 日本語バージョン- Dansomanie en Japonais
Voir le sujet précédent :: Voir le sujet suivant  
Auteur Message
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mar Mai 19, 2015 11:13 am    Sujet du message: Répondre en citant

それから、Newsweek が記事を出しているので、リンクをご紹介しますね!

http://www.newsweek.com/celebrating-past-present-and-future-american-ballet-theatre-its-75th-birthday-331609


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mar Mai 19, 2015 11:15 am    Sujet du message: Répondre en citant

ABT 75周年記念サイトには MET Season のカレンダーもあります。 月毎じゃなくて見やすいので画像だけ貼っておきますねー。 大きいけど! パロマ・ヘレーラ (5/27 昼)、シマオラ・レイエス (5/27 夜)、ジュリー・ケント (6/20) のファイナル公演も含まれています。 ちなみに、ロベルト・ボッレはヘレーラとケントのパートナーも務めるみたいです。



キャストについては、ABT 公式サイトのカレンダーMET Opera のサイトでわかります。

今日から始まる 「オテロ」 はラー・ルボヴィッチの振付、5/23からの 『ジゼル』 にはシクリャローフがゲスト (ジゼルはアブレラ)、5/27 レイエスのフェアウェルのパートナーはエルマン・コルネホです。 また、5/28 にはオシポワ×マクレーが 『ジゼル』 を踊ることになってます。 5/30 はラトマンスキー版の 『眠れる森の美女』 のニューヨーク プレミア。 キャストはマーフィー×ゴメスです。 オシポワも出る予定だったんでしょうか。 でもキャストには入ってません。 オシポワは 『ラ・バヤデール』(マカロワ) には出演するようですね。 6/3と6/6 ですが、ソロルはサラファーノフ、ガムザッティはボイルストンですのでエネルギッシュな公演になりそう。 バヤデールの初日6/1には、マリインスキーからキミン・キムが出演。 ヒー・セオと組みます。 『ロミオとジュリエット』(マクミラン) は6/15から。 その後6/22からが 『白鳥の湖』(マッケンジー) で、6/29~7/4 の 『シンデレラ』(アシュトン) でフィニッシュ。 シンデレラにはマリアネラ・ヌニェスがゲストします。 ほか単発では、コジョカルが6/5のバヤデール (コルネホと)、オブラスツォーワが6/18のロミジュリ (コルネホと) があります~。 いやぁ、5/11~7/4の8週間、日曜日を除く毎日、しかも水・土はダブルヘッダーでの公演ですよ、大変です。

ところで、デイヴィッド・ホールバーグが怪我からの復帰が間に合わず、MET シーズンには参加していないのはご存知のとおりですが、ポリーナ・セミオノワが怪我のため全てのプログラムから降板したようです。 NY Times の告知でしたが、既にカレンダーには反映されていますね。 早期回復をお祈りしています。


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Jeu Juin 04, 2015 3:02 pm    Sujet du message: Répondre en citant

昨日 twitter でお知らせしましたが、サンフランシスコ・バレエが昇格者と新加入メンバーを発表していまして、昨年のローザンヌ賞受賞者でサンフランシスコ・バレエ・スクールに留学していた二山治雄さんが、研修生として入団することが判明しています。 おめでとうっ!

Citation:
SAN FRANCISCO, CA, Tuesday, June 2, 2015–Effective immediately, San Francisco Ballet announces five promotions, four new Company members, and six apprentices for the 2016 Repertory Season. Soloist Dores André has been promoted to principal dancer, and Lauren Strongin joins SF Ballet from Houston Ballet as a soloist. The corps de ballet now includes former SF Ballet Apprentices Samantha Bristow, Benjamin Freemantle, John-Paul Simoens, and Maggie Weirich, in addition to Jahna Frantziskonis from Pacific Northwest Ballet, Alessandra Vassallo from Teatro alla Scala, and Kamryn Baldwin from the SF Ballet School. Grace Choi, Blake Kessler, Anastasia Kubanda, Haruo Niyama, Chisako Oga, and Francisco Sebastião of the SF Ballet School have been promoted to the rank of apprentice.

Promotions
Dores André joined SF Ballet in 2004 as a corps de ballet member. She hails from Vigo, Spain, where she trained with Antonio Almenara at Estudio de Danza de María Ávila. During the 2015 Repertory Season, she debuted as Juliet in Tomasson’s Romeo & Juliet. André has performed a diverse repertory that includes works by Tomasson, Balanchine, Elo, Forsythe, McGregor, Morris, Robbins, Scarlett, Taylor, and Wheeldon, among others. She has been described as “impeccable” and “brilliant” by the San Francisco Chronicle and San Francisco Examiner, respectively.

Samantha Bristow, Benjamin Freemantle, John-Paul Simoens, and Maggie Weirich have been promoted to the corps de ballet. Originally from Media, Pennsylvania, Samantha Bristow trained at The Rock School for Dance Education prior to attending SF Ballet School’s year-round program. She was a Trainee for two years before being named an apprentice in 2014. Bristow has performed in Tomasson’s Nutcracker, Wheeldon’s Cinderella, and Robbins’ Glass Pieces, among others. Benjamin Freemantle was born in Port Moody, British Columbia and named SF Ballet apprentice in 2014. As a Trainee at the SF Ballet School, he performed a principal role in Balanchine’s Raymonda Variations. This past year as an apprentice, Freemantle choreographed Bare, a new work for the School’s Student Showcase, in between performing corps de ballet roles with the Company. From San Pedro, California is John-Paul Simoens, who trained at Lauridsen Ballet Centre and participated in summer programs at American Ballet Theatre’s Jacqueline Kennedy Onassis School, Houston Ballet, and The Royal Ballet before receiving an invitation to SF Ballet School’s Trainee Program. In 2012 alone, he competed and finished as a semi-finalist at Prix de Lausanne, Youth America Grand Prix, and Spotlight Competition. Simoens became an SF Ballet apprentice in 2014. Maggie Weirich from Portland, Oregon trained at the School of Oregon Ballet Theatre and SF Ballet School. Since being named apprentice in 2014, she has performed in Tomasson’s Giselle; Balanchine’s The Four Temperaments; Wheeldon’s Cinderella; Makarova’s The Kingdom of the Shades, Act II from La Bayadère after Petipa; and several other notable ballets.

New Company Members
Kamryn Baldwin of West Palm Beach, Florida joins the corps de ballet from the SF Ballet School. She has performed in MacMillan’s Soirèes Musicales, Tomasson’s Nutcracker, and Sofranko’s Mozart Symphony. Baldwin previously trained at the Metropolitan Ballet Academy in Indianapolis, Indiana. Jahna Frantziskonis of Tucson, Arizona arrives from Pacific Northwest Ballet, where the Seattle Post-Intelligencer called her a dancer “to watch.” She originated a featured role in Tharp’s Waiting at the Station and performed leading parts in Kylián’s Petite Mort, Stroman’s TAKE FIVE…More or Less, and Stowell’s Nutcracker and Swan Lake. Prior to her professional dancing career, she studied at the PNB School on scholarship. Raised in Scottsdale, Arizona, new SF Ballet Soloist Lauren Strongin was born in Los Gatos, California and previously danced with Houston Ballet for six years. Her training includes full scholarships to The Kirov Academy of Ballet in Washington, D.C. and the John Cranko School in Stuttgart, Germany. In 2001, she finished as finalist and cash prizewinner at the Prix de Lausanne International Ballet Competition. At Houston Ballet, she created roles in Barton’s Angular Momentum, Elo’s ONE/end/ONE, Kudelka’s The Young Person’s Guide to the Orchestra, and many others. Alessandra Vassallo from Teatro alla Scala joins SF Ballet as a corps de ballet member for the upcoming season. Vassallo was born in Palermo, Italy and trained at the prestigious Academia Teatro alla Scala under Frédéric Olivieri’s direction. She joined the Company upon graduation in 2008 and performed roles such as Hippolyta in Balanchine’s A Midsummer Night’s Dream and Myrtha in a restaging of Giselle by Chauviré.

New Apprentices
Six SF Ballet School students have been named apprentices for the 2016 Repertory Season. They are: Grace Choi (Seoul, South Korea), Blake Kessler (Jacksonville, Florida), Anastasia Kubanda (Front Royal, Virginia), Haruo Niyama (Nagano, Japan), Chisako Oga (San Diego, California), and Francisco Sebastião (Amora, Portugal). As apprentices, dancers will take Company class and perform corps de ballet roles in SF Ballet productions.

Principal Series subscriptions for the 2016 Repertory Season will go on sale to the general public on July 7. The season will run from January 24 through May 8 at the War Memorial Opera House. For information, call the Ticket Services Office at 415.865.2000, or visit sfballet.org.
- See more at: https://www.sfballet.org/about/media_center/press_releases/promorelease#sthash.yQC2gdpq.dpuf



二山さんは先日帰国し、記者会見が開かれたようで、記事がいくつか出ていましたね。 まだプレスリリース前でしたので、SFB入団については触れられてませんでした。 ローザンヌ賞を受けての留学が入団につながって、本当によかったですね!

ちなみに、読売新聞によると来月のパリ・オペラ座バレエ学校夏期研修にも参加するようです。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20150529-OYTNT50361.html

以下二つの記事とも少しずつ違う情報が入っています。
http://mainichi.jp/feature/news/20150531ddlk20040217000c.html
http://www.shinmai.co.jp/news/20150530/KT150529SJI090008000.php


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Lun Juin 22, 2015 1:08 pm    Sujet du message: Répondre en citant

ジュリー・ケントが、昨夜の 『ロミオとジュリエット』(マクミラン) をもって American Ballet Theater との舞台に別れを告げました。 最後のロミオはロベルト・ボッレ。 ジュリー・ケントは ABT に29年間在籍し、ABT を代表するプリンシパルの一人として活躍しました。 また、映画 「ダンサー」 ではミハイル・バリシニコフの相手役を務め、映画 「センターステージ」 ではスタープリンシパルとして出演していましたね。 特にすごいテクニシャンというわけではなく、脚が高々と上がるわけでもなく、ドラマチックバレリーナと称されることもなかったかと思いますが、常に観客を魅了し、皆に愛されていたと思います。 とはいえ、もちろんテクニックはプリンシパルに値するレベルですし、表現力・演技力は非常に高い。 ただ、ジュリー・ケントの舞台とみると、グランフェッテにダブルを入れなくてもいいんだ、脚がそんなに上がらなくてもいいんだ、と思えるのですよね。 それでも十分に素敵だし、また見たいと。 繊細な容姿で抑制されているのですが、とても朗らかな人柄は、映画やインタビューで証明されているとおり。 ずば抜けたコメディセンスも持ち合わせていますよね。 ジゼルや白鳥というイメージですが、実はコンテンポラリーもけっこう良くて、何度かハッとさせられたことを覚えています。。


Julie Kent Dances Her Farewell Performance to Ovations and Tears




後程ご紹介する NY Times の記事によると、ジュリエットの登場シーンでは大きな拍手が贈られ、しばらく鳴りやまなかったとか。 また、23分間も続いたカーテンコールには、コルパコワ、マカロワ、フェリ、ヘレーラ、カレーニョ、コレーラ、ゴメス、ホールバーグ、そしてロバート・ヒルらも登場。 ご主人でABT副芸術監督のビクター・バービーが二人のお子さんを伴って登場すると、会場の熱気は最高潮に達したとか。 


ちなみに、フェアウェル前ですが Vanity Fair にポートレート記事が出てましたので、ご紹介しておきますね。
http://www.vanityfair.com/culture/2015/06/julie-kent-abt-advice-from-a-ballerina


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Lun Juin 22, 2015 1:16 pm    Sujet du message: Répondre en citant

さて、ジュリー・ケントのジュリエットはどうだったかというと・・・

Alastair Macaulay 氏によるケントのフェアウェル公演を含めた3つのロミジュリの評が出ています。 ケント×ボッレと、残りは ABTでのジュリエット・デビューとなったエフゲーニャ・オブラスツォーワ×エルマン・コルネホ、二人とも役デビューのミスティ・コープランド×ジョゼフ・ゴラック。

Mackaulay氏によると、ケントのジュリエットは、マクミランが求めたような情熱的で向こう見ず、世間のシステムに公然と立ち向かっていくようなジュリエットというよりは、傷つきやすいジュリエット。 随所にケントの素晴らしい表現力が光っていたようです。

エフゲーニャ・オブラスツォーワについては、愛らしいが従順でバレリーナバレリーナしたやり方が物足りなかった様子。 コルネホとのリハーサルの動画が出ていますが、私としてもこれには納得。 しかし、愛らしさと可能性の塊であるオブラスツォーワはもっと見たいダンサーと言っています。

ミスティ・コープランドは3人のジュリエットの中で一番気性の激しいジュリエットだったそう。 ポワントワークとその安定感はほかの二人を凌いでいた、と。

コープランドのロメオ、ジョゼフ・ゴラックは身体と脚のライン、スピード、テクニックの正確性が際立っていたとのこと。 シーズン毎に成長しているそう。 ジュリー・ケントのフェアウェルを支えたロベルト・ボッレは、ロミオを魅力的に踊ったけれど説得力に欠け、ヘルマン・コルネホは詩的熱情をもってロミオを踊ったが、ロミオよりもマキューシオで本領を発揮していたそうです。


Review: Three ‘Romeo and Juliet’ Performances, Including Julie Kent’s Farewell



Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Dim Juin 28, 2015 8:52 am    Sujet du message: Répondre en citant

NYCB の元プリンシパルで、2010年に現役を引退したアルバート・エヴァンスが、6/22(月)、ニューヨークの病院で46歳という若さで亡くなったそうです。 死因は明らかにされておらず、急な病気によるものとのこと。 引退後もバレエマスターとして NYCBに在籍していました。 慎んでご冥福をお祈りします。

New York TimesWashington Post に追悼記事が出ています。
Albert Evans, Ebullient City Ballet Dancer, Is Dead at 46 (NY Times)
Albert Evans, trailblazing New York City Ballet dancer, dies at 46 (Washington Post)




Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Dim Juin 28, 2015 8:56 am    Sujet du message: Répondre en citant

東の次は西側のニュースです。

今月初めに現役を引退した元 NYCB ソリストで、パシフィック・ノースウェストのプリンシパル Carla Körbes が、L.A. Dance Project に共同芸術監督として加わるそうです。 日々のリハーサル、キャスティング、プログラミングを監督し、バンジャマン・ミルピエに直接報告するという役割を担うのだとか。 ミルピエは Körbes が NYCB に入団した頃から知っているそう。

Carla Körbes Joins L.A. Dance Project




Carla Körbes はブラジル出身、SAB を経て2000年 NYCB 入団、2005年にソリストに昇格したその年にパシフィック・ノースウェスト・バレエへソリストとして移籍、翌年からプリンシパルとして活躍していました。 ウィールドンのモルフォーゼズにも参加していたようですね。 彼女の引退はけっこう話題になっていて、フェアウェル公演はインターネットで生中継までされました。 私はこのダンサーのことを知らず、なんでかなーと思っていたのですが、30代前半での現役引退だったのですね。 下記リンク先に引退を前にした動画インタビューがありますが、挿入されている彼女のダンスを観ると、いかに優れたダンサーであったのかがわかります。

http://www.pnb.org/Season/14-15/Encore/#Overview


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Dim Juil 05, 2015 8:43 am    Sujet du message: Répondre en citant

完璧に遅くなりました~。 なので、アーカイヴということでご了承いただければと。

ABTの昇格者が発表されましたね。 芸術監督ケヴィン・マッケンジーがどのような決断をするか注目されてましたが、世間の期待を裏切らず、一方で昇格させるべきダンサーもちゃんと入れるという采配になりました。

まずは、プレスリリースから。
http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=522

- 昇格

< Principal Dancer>
Stella Abrera, Misty Copeland

< Soloist >
Skylar Brandt, Thomas Forster, Arron Scott, Cassandra Trenary


- 新加入

< Principal Dancer >
Maria Kochetkva, a principal dancer with San Francisco Ballet
Alban Lendorf, a principal dancer with Royal Danish Ballet

< Soloist >
Jeffrey Cirio, a principal dancer with Boston Ballet



ミスティ・コープランドのプリンシパル昇格は、ABT で初の黒人女性プリンシパル誕生ということで世界中で大々的に報道されましたね。 あんまりにもたくさんあるので、いくつかだけピックアップしておきます。

New York Times の速報。 速報で出したわりにはしっかりした記事で、全部が詰まっている感じです。
http://www.nytimes.com/2015/07/01/arts/dance/misty-copeland-is-promoted-to-principal-dancer-at-american-ballet-theater.html?smid=nytimesarts

Huffington Post は日本語版があるので、どうぞ~。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/01/misty-copeland-principal-dancer_n_7702932.html

日経新聞をはじめ、日本の主要メディアも大きく報じています。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H7V_R00C15A7CR8000/
http://www.asahi.com/articles/ASH7205DXH71UCLV00M.html

Sankei Express は特集記事で。 身長157cm なんですって。
http://www.sankeibiz.jp/express/news/150702/exf15070200010001-n1.htm

Culture Box はインタビュー動画にたっぷりの練習風景付き。
http://culturebox.francetvinfo.fr/scenes/misty-copeland-premiere-etoile-noire-de-lamerican-ballet-theatre-de-new-york-223077

ビヨンセも twitter でおめでとうを発信しているのですね。
http://www.public.fr/News/Photos/Photos-Misty-Copeland-premiere-danseuse-etoile-noire-de-l-histoire-779434

ニュース映像もあります~。
- 仏 Euronews (ラトマンスキー版 「火の鳥」 からの映像あり)
- 英 BBC (ワシントン・バレエでブルックリン・マックと踊った 『白鳥の湖』 の映像あり)
- 米 CBS ミスティ・コープランド特集


しかしやっぱりこれでしょう。 マッケンジーが団員たちの前で発表したときの動画。 ジュリー・ケントがアップロードしたものみたいです。
https://instagram.com/p/4j7pMasmOF/


さて、そんな感じで、もちろん同僚たちは喜んでいるし、メディアは大騒ぎだし、なんですが、いわゆるバレエ通の部類に入るバレエ・ファン達はかなり冷静な (厳しい?) 反応を示しているようです。 といっても、ダンソマニ本家の投稿から推察するものですが・・・。 え~、それは、今回の昇格は彼女の実力というより、マッケンジーが彼女のセルフプロモーション (SNSを駆使して盛んに行われていましたね) に屈し、ABT の PR のために昇格させたのではないかというもの。 本国アメリカのバレエ・フォーラムにもかなり厳しい書き込みがあるようです。 やはり、肌の色とは関係なく、要は実力と芸術性ですよね。 それと、これを言うと非難を受けるかもしれませんが、肌の色が云々というのは差別というより、単に似合うかに合わないかなんじゃないかと。 その人にピンクが似合うかどうかって、肌が白いか褐色かだけじゃないじゃないですか。 『白鳥の湖』 を踊らせてもらえるかもらえないかは、肌の色というより、白鳥を踊る資質を持っているかどうかですよね。 そもそもトップカンパニーでオデット/オディールを踊れる人は本当に一握りなわけで、いくら白人だとしても似合わない人には似合わないのだし、配役されないのを肌の色のせいにするべきではない、と、同じ有色人種として感じるわけです。

とはいえ、コープランドは無事に白鳥を踊り、大御所批評家の Alastair Macaulay 氏は大絶賛しております。
http://www.nytimes.com/2015/06/26/arts/misty-copeland-debuts-as-odette-odile-in-swan-lake.html

ミスティ・コープランドは今32歳。 芸術性が深化するのはこれからという時期にいると思いますので、今後の飛躍に期待します~。


ちなみに、コープランドのプリンシパル昇格の陰に隠れてしまっていますが、ステラ・アブレラの昇格を喜ぶ人も多いようですね。 アブレラはフィリピン系のダンサーです。

それと、マリア・コチェトコワとアルバン・レンドルフの入団も発表されてますが、二人ともそれぞれのバレエ団との掛け持ちになるようです。


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Dim Juil 05, 2015 8:49 am    Sujet du message: Répondre en citant

ABT の MET シーズンは昨日で終了。 Alastair Macaulay が New York Times にその総括を書いています。

http://www.nytimes.com/2015/07/04/arts/dance/ballet-theaters-met-season-a-mix-of-sparkling-moments-and-familiar-war-horses.html


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Dim Mar 27, 2016 2:08 pm    Sujet du message: Répondre en citant

キャッチアップ。

いくつかニュースがあります~。 まずはよいニュースから!

ダンスマガジン最新号にも載ってますが、ジュリー・ケントが、ワシントン・バレエの芸術監督に就任することが発表されています。

> The Washington Post : ABT star Julie Kent is Washington Ballet’s new artistic director

ジュリー・ケントは昨年夏に現役を引退、現在はABTのサマーインテンシヴのディレクターや、ABT、ABT II、ABT付属のジャクリーン・ケネディ・オナシス・スクールで教師やコーチもしています。

ワシントン・バレエの芸術監督への就任は7月1日。 ケントは、カンパニー全体、トレーニングプログラム、1,000名の生徒が所属するワシントン・バレエ・スクール、地域と連携して行う活動、アナコスティアにあるサテライトプログラムや、ワシントン特別区の公立学校に向けた活動等、全てを統括することになるようです。

ご主人のビクター・バービーはABTの副芸術監督ですんで、どうするのかな~と思ったら、ジュリー・ケントと一緒に移って、ワシントン・バレエの芸術監督補佐に就くんだそうです。 これは便利。 もちろん二人のお子さんたちも一緒で、ご家族みんなでのお引越しとなるようです。

ワシントン・バレエは1976年創立で、今年40周年を迎えます。 今後注目を集めることになりそうですね。


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Dim Mar 27, 2016 2:12 pm    Sujet du message: Répondre en citant

そんな明るいニュースの一方で、深刻なニュースが。

ホセ・カレーニョ率いる Silicon Valley Ballet が財政難のため解散したそうです。 Silicon Valley Ballet は近年何度も深刻な財政難に陥りながらも、昨年3月にはキャンペーンを打って資金を集めてシーズンを乗り切ったばかり。 そして、再スタートを切ったことを示すべく、昨年9月にバレエ・サン・ノゼから Silicon Vallet Ballet に改名したところでした。 公演に対する評も良かったみたいですが、長年続いた資金トラブルを解消することは出来なかったようです。

なお、カンパニーは解散となりましたが、Silicon Valley Ballet School は維持される模様です。 

http://dancemagazine.com/news/silicon-valley-ballet-closes-its-doors/


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mar Mar 29, 2016 2:02 pm    Sujet du message: Répondre en citant

ABTのMETシーズンのチケットの発売が開始されてますね。 今年は、アシュトン 『シルヴィア』、ショスタコーヴィッチ・トリロジー (ラトマンスキー)、ラトマンスキー・トリプルビル、アシュトン 『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』、ホームズ 『海賊』、ラトマンスキー 『金鶏』、マッケンジー 『白鳥の湖』、マクミラン 『ロミオとジュリエット』、ラトマンスキー 『眠れる森の美女』、というラインナップで、ラトマンスキー祭りな感じ。

マリインスキーからザンダー・パリッシュが 『シルヴィア』 へのゲスト、それと既に発表されてますのでご存知の方も多いと思いますが、アレッサンドラ・フェリが6/23の一日だけ 『ロミオとジュリエット』 を踊ります。 ロミオはエルマン・コルネホ。 大注目の公演になりそうですね~。

プログラムと主要キャストは以下のとおり!

http://www.abt.org/calendar.aspx?startdate=5/1/2016

MAY 9, 7:30 PM
Sylvia : G. Murphy / M. Gomes / J. Whiteside

MAY 10, 7:30 PM
Sylvia : P. Semionova / R. Bolle / C. Stearns

MAY 11, 2:00 PM
Sylvia : I. Boylston / X. Parish / D. Simkin

MAY 11, 7:30 PM
Sylvia : H. Seo / B. Hoven / A. Hammoudi

MAY 12, 7:30 PM
Sylvia : G. Murphy / M. Gomes / J. Whiteside

MAY 13, 7:30 PM
Sylvia : M. Kochetkova / H. Cornejo / D. Simkin

MAY 14, 2:00 PM
Sylvia : P. Semionova / R. Bolle / C. Stearns

MAY 14, 8:00 PM
Sylvia : I. Boylston / X. Parish / D. Simkin

MAY 16, 6:30 PM
2016 Spring Gala
Company

MAY 17, 7:30 PM
Shostakovich Trilogy
Symphony #9 : P. Semionova / M. Gomes / H. Cornejo
Chamber Symphony : J. Whiteside / H. Seo / I. Boylston / S. Lane
Piano Concerto #1 : G. Murphy / C. Stearns / M. Kochetkova / D. Simkin

MAY 18, 2:00 PM
Ratmansky Triple Bill
Ratmansky World Premiere : Company
Seven Sonatas : V. Part / B. Hoven / H. Seo / J. Gorak / S. Lane / H. Cornejo
Firebird : M. Copeland / M. Gomes / C. Stearns / S. Abrera

MAY 18, 7:30 PM
Ratmansky Triple Bill
Ratmansky World Premiere : Company
Seven Sonatas : S. Abrera / C. Royal / C. Shevchenko / T. Forster / L. Paris / A. Scott
Firebird : I. Boylston / A. Hammoudi / R. Zhurbin / C. Trenary

MAY 19, 7:30 PM
Ratmansky Triple Bill
Ratmansky World Premiere : Company
Seven Sonatas : V. Part / B. Hoven / H. Seo / J. Gorak / S. Lane / H. Cornejo
Firebird : M. Copeland / M. Gomes / C. Stearns / S. Abrera

MAY 20, 7:30 PM
Shostakovich Trilogy
Symphony #9 : V. Part / R. Bolle / J. Gorak
Chamber Symphony : J. Cirio / D. Teuscher / G. Murphy / C. Trenary
Piano Concerto #1 : C. Shevchenko / C. Royal / S. Brandt / G. Shayer

MAY 21, 2:00 PM
Ratmansky Triple Bill
Ratmansky World Premiere : Company
Seven Sonatas : S. Abrera / C. Royal / C. Shevchenko / T. Forster / L. Paris / A. Scott
Firebird : I. Boylston / A. Hammoudi / R. Zhurbin / C. Trenary

MAY 21, 8:00 PM
Shostakovich Trilogy
Symphony #9 : P. Semionova / M. Gomes / H. Cornejo
Chamber Symphony : J. Whiteside / H. Seo / I. Boylston / S. Lane
Piano Concerto #1 : G. Murphy / C. Stearns / M. Kochetkova / D. Simkin

MAY 23, 7:30 PM
Shostakovich Trilogy
Symphony #9 : V. Part / R. Bolle / J. Gorak
Chamber Symphony : J. Cirio / D. Teuscher / G. Murphy / C. Trenary
Piano Concerto #1 : C. Shevchenko / C. Royal / S. Brandt / G. Shayer

MAY 24, 7:30 PM
La Fille mal gardée : I. Boylston / J. Cirio

MAY 25, 2:00 PM
La Fille mal gardée : G. Murphy / C. Stearns

MAY 25, 7:30 PM
La Fille mal gardée : M. Copeland / H. Cornejo

MAY 26, 7:30 PM
La Fille mal gardée : S. Abrera / J. Whiteside

MAY 27, 7:30 PM
La Fille mal gardée : I. Boylston / J. Cirio

MAY 28, 2:00 PM
La Fille mal gardée : M. Copeland / H. Cornejo

MAY 28, 8:00 PM
La Fille mal gardée : G. Murphy / C. Stearns

MAY 30, 7:30 PM
La Fille mal gardée : S. Abrera / J. Whiteside

MAY 31, 7:30 PM
Le Corsaire : M. Kochetkova / H. Cornejo / S. Lane / D. Simkin / J. Cirio


JUNE 1, 2:00 PM
Le Corsaire : V. Part / C. Stearns / D. Teuscher / J. Ahn / J. Whiteside

JUNE 1, 7:30 PM
Le Corsaire : G. Murphy / TBA / S. Abrera / G. Shayer / D. Simkin

JUNE 2, 7:30 PM
Le Corsaire : M. Kochetkova / H. Cornejo / S. Lane / D. Simkin / J. Cirio

JUNE 3, 7:30 PM
Le Corsaire : H. Seo / J. Whiteside / M. Copeland / J. Cirio / TBA

JUNE 4, 2:00 PM
Le Corsaire : G. Murphy / TBA / S. Abrera / G. Shayer / D. Simkin

JUNE 4, 8:00 PM
Le Corsaire : V. Part / C. Stearns / D. Teuscher / J. Ahn / J. Whiteside

JUNE 6, 7:30 PM
The Golden Cockerel : V. Part / S. Brandt

JUNE 7, 7:30 PM
The Golden Cockerel : S. Abrera / C. Trenary

JUNE 8, 2:00 PM
The Golden Cockerel : H. Seo / S. Lane

JUNE 8, 7:30 PM
The Golden Cockerel : M. Copeland / M. Kochetkova

JUNE 9, 7:30 PM
The Golden Cockerel : V. Part / S. Brandt

JUNE 10, 7:30 PM
The Golden Cockerel : S. Abrera / C. Trenary

JUNE 11, 11:30 AM
ABTKids

JUNE 11, 2:00 PM
The Golden Cockerel : M. Copeland / M. Kochetkova

JUNE 11, 8:00 PM
The Golden Cockerel : H. Seo / S. Lane

JUNE 13, 7:30 PM
Swan Lake : P. Semionova / M. Gomes

JUNE 14, 7:30 PM
Swan Lake : I. Boylston / A. Lendorf

JUNE 15, 2:00 PM
Swan Lake : M. Copeland / D. Simkin

JUNE 15, 7:30 PM
Swan Lake : V. Part / J. Whiteside

JUNE 16, 7:30 PM
Swan Lake : H. Seo / R. Bolle

JUNE 17, 7:30 PM
Swan Lake : G. Murphy / C. Stearns

JUNE 18, 2:00 PM
Swan Lake : P. Semionova / M. Gomes

JUNE 18, 8:00 PM
Swan Lake : M. Kochetkova / H. Cornejo

JUNE 20, 7:30 PM
Romeo and Juliet : H. Seo / C. Stearns

JUNE 21, 7:30 PM
Romeo and Juliet : D. Vishneva / M. Gomes

JUNE 22, 2:00 PM
Romeo and Juliet : I. Boylston / J. Whiteside

JUNE 22, 7:30 PM
Romeo and Juliet : G. Murphy / A. Hammoudi

JUNE 23, 7:30 PM
Romeo and Juliet : A. Ferri / H. Cornejo

JUNE 24, 7:30 PM
Romeo and Juliet : P. Semionova / R. Bolle

JUNE 25, 2:00 PM
Romeo and Juliet : M. Copeland / D. Simkin

JUNE 25, 8:00 PM
Romeo and Juliet : D. Vishneva / M. Gomes

JUNE 27, 7:30 PM
The Sleeping Beauty : I. Boylston / J. Gorak

JUNE 28, 7:30 PM
The Sleeping Beauty : G. Murphy / C. Stearns

JUNE 29, 2:00 PM
The Sleeping Beauty : C. Trenary / J. Whiteside

JUNE 29, 7:30 PM
The Sleeping Beauty : H. Seo / A. Hammoudi

Jun 30, 7:30 PM
The Sleeping Beauty : S. Abrera / M. Gomes


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mar Mar 29, 2016 2:04 pm    Sujet du message: Répondre en citant

それと、NYCBの2016-2017シーズンが発表されてます。
http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2016/03/24/city-ballet-season-to-feature-two-premieres-by-women/

来シーズンは新作と近年の作品にフォーカスするそうで、アレクセイ・ラトマンスキー、ジャスティン・ペック (NYCB常任振付家)、アナベル・ロペス・オチョア、ローレン・ラヴェットによる新作が予定されています。 後者お二人は女性振付家で、NYCBが女性振付家の作品を制作するのはずいぶん久しぶりのことだとか。 (最近 「女性振付家の作品が取り上げられる機会が少ない」 みたいな批評家たちのコメントをよく目にします。)

ほか、バランシンが23作品、そのうち3作品は全幕もの (『ジュエルズ』、『真夏の夜の夢』、ホリデーシーズン恒例の 『くるみ割り人形』)、ロビンズ6作品、P. マーティンスの 『眠れる森の美女』 再演あり。

9/20のシーズン開幕ガラでは、ロペス、ラヴェット、ペック、NYCB コールドのダンサーであるピーター・ウォーカーの新作 が初演される予定だそうです。


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Dim Avr 17, 2016 9:29 am    Sujet du message: Répondre en citant

ABTの METシーズンについては先日お知らせしましたが、TBAとなっていた 『海賊』(全幕) のコンラッド役が発表されました。 マチアス・エマンです!

http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=545

マチアスは、6月1日(水) と6月4日(土) マチネに出演、メドーラ役はジリアン・マーフィーです。 背のつり合いが心配ですけど・・・、それにアメリカで受けるかわからんけれども、ABTデビューは良いこと、よいこと。 活躍の場が広がります。 ABT の『海賊』 はよく知られたホームズ版。 コンラッドの見せ場もたくさんありますよね。

エクスチェンジ・アーティストだそうですので、ABTから誰かオペラ座にゲストするのかしらん。


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13051
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Dim Avr 17, 2016 9:32 am    Sujet du message: Répondre en citant

それから、つい先日 twitter デビューした著名な批評家 Alastair Macaulay さんからニュースです。 バランシン財団が You Tube チャンネルを設けたそう。

https://www.youtube.com/user/blnchn

見てみたところ、バランシン作品の舞台映像というより、バランシン作品についての造詣を深めるためといった感じで、たくさんのインタビュー映像がアップされています。 マリア・トールチーフ、フレデリック・フランクリン、ヴィオレット・ヴェルディ、スザンヌ・ファレルといった継承者たちへの作品についてのインタビューです。

期待と違いましたな。。。


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
Montrer les messages depuis:   
Poster un nouveau sujet   Répondre au sujet    Dansomanie Index du Forum -> ダンソマニ 日本語バージョン- Dansomanie en Japonais Toutes les heures sont au format GMT + 1 Heure
Aller à la page Précédente  1, 2, 3 ... 12, 13, 14, 15  Suivante
Page 13 sur 15

 
Sauter vers:  
Vous ne pouvez pas poster de nouveaux sujets dans ce forum
Vous ne pouvez pas répondre aux sujets dans ce forum
Vous ne pouvez pas éditer vos messages dans ce forum
Vous ne pouvez pas supprimer vos messages dans ce forum
Vous ne pouvez pas voter dans les sondages de ce forum


Nous Contacter
Powered by phpBB © phpBB Group
Theme created by Vjacheslav Trushkin
Traduction par : phpBB-fr.com