Dansomanie Index du Forum
Connexion S'enregistrer FAQ Liste des Membres Rechercher Dansomanie Index du Forum

Les Enfants du Paradis (21 oct. - 8 nov. 2008)
Aller à la page 1, 2, 3  Suivante
 
Poster un nouveau sujet   Répondre au sujet    Dansomanie Index du Forum -> ダンソマニ 日本語バージョン- Dansomanie en Japonais
Voir le sujet précédent :: Voir le sujet suivant  
Auteur Message
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Sam Oct 04, 2008 4:17 pm    Sujet du message: Les Enfants du Paradis (21 oct. - 8 nov. 2008) Répondre en citant

Les Enfants du Paradis
『天井桟敷の人々』 (2008年10月21日~11月8日)


エトワールのジョゼ・マルティネスによる新作で、映画「天井桟敷の人々」(マルセル・カルネ監督)を元にした作品のようです。

日本では、マダム・フィガロ・ジャポンに連載中の「パリ・オペラ座バレエ物語」で取り上げられましたよね。 8/20発売のMadame Figaro Japon 9/5号 (no.371 P.196-199)ですが、作品の大まかなイメージをつかむことができます。  マルティネスへのインタビューのほか、この作品で衣裳を引き受けているルテステュによるデザイン画、バティスト役のマチュー・ガニオやガランス役のイザベル・シアラヴォラの写真もありました。 あと舞台セットの模型の写真も!


以下、オペラ座サイトからの情報(*日本語訳・表記を付けますが、気付いた点等ありましたら、こっそり教えてください。):

http://www.operadeparis.fr/Saison-2008-2009/Spectacle.asp?IdS=546

Citation:
Les Enfants du paradis - José Martinez
天井桟敷の人々-ジョゼ・マルティネス

Musique Marc-Olivier Dupin (commande de l’Opéra national de Paris)
音楽:マルク=オリヴィエ・デュパン

Chorégraphie José Martinez
振付: ジョゼ・マルティネス

Adaptation François Roussillon et José Martinez
脚本: フランソワ・ルシヨン、ジョゼ・マルティネス

Décors Ezio Toffolutti
舞台装置: エツイォ・トフォルッティ

Costumes Agnès Letestu
衣裳デザイン: アニエス・ルテステュ

Lumières André Diot
照明: アンドレ・ディオ

Baptiste : Mathieu Ganio ou Stéphane Bullion ou Mathias Heymann
バティスト: マチュー・ガニオ or ステファン・ビュリヨン or マチアス・エイマン

Frédérick Lemaître : Alessio Carbone ou Karl Paquette ou Josua Hoffalt
フレデリック・ルメートル: アレッシオ・カルボネ or カール・パケット or ジョシュア・オファルト

Garance : Eleonora Abbagnato ou Isabelle Ciaravola ou Eve Grinsztajn
ガランス: エレオノーラ・アバニャート or イザベル・シアラヴォラ or エヴ・グランツタイン

Nathalie : Mélanie Hurel ou Muriel Zusperreguy ou Alice Renavand
ナタリー: メラニー・ユレル or ミュリエル・ジュスペルギ or アリス・ルナヴァン

Lacenaire : Benjamin Pech ou Stéphane Phavorin ou Vincent Chaillet
ラスネール: バンジャマン・ペッシュ or ステファン・ファヴォラン or ヴァンサン・シャイエ

La ballerine : Nolwenn Daniel ou Aurélia Bellet ou Sarah Kora Dayanova
バレリーナ: ノルウェン・ダニエル or オレリア・ベレ or サラ・コラ・ダヤノヴァ

Le comte : Christophe Duquenne ou Jean-Christophe Guerri ou Aurélien Houette
伯爵: クリストフ・デュケンヌ or ジャン=クリストフ・ゲリ or オレリアン・ウエット

Madame Hermine : Caroline Bance ou Ghyslaine Reichert ou Caroline Robert
エルミーヌ夫人: カロリーヌ・バンス or ギレーヌ・レイシェール or カロリーヌ・ロベール

Desdémone : Nolwenn Daniel ou Miteki Kudo ou Charline Giezendanner
デズデモーヌ: ノルウェン・ダニエル or ミテキ・クドー or シャルリーヌ・ジザンダネ

Le directeur de théâtre en Aboyeur : Fabien Roques ou Alexis Renaud
座長: ファビアン・ロック or アレクシス・ルノー

Un musicien : Pierre Rétif ou Samuel Murez
ミュージシャン: ピエール・レティフ or サミュエル・ミュレ

Jean-Louis Barrault : nn
ジャン=ルイ・バロー: 未定

Les Étoiles, les Premiers Danseurs et le Corps de Ballet

Ensemble Orchestral de Paris
Direction musicale Pablo Heras-Casado
音楽監督: パブロ・エラス=カサド




Dernière édition par mizuko le Ven Oct 10, 2008 4:27 pm; édité 1 fois
Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Sam Oct 04, 2008 4:19 pm    Sujet du message: Répondre en citant

オペラ座サイトにジョゼ・マルティネスとアニエス・ルテステュ(衣裳デザインを担当)の動画インタビューがあります。 残念ながらしゃべりのみで、それもフランス語なので何を言っているのかわかりませ~ん。

リンク:  http://www.operadeparis.fr/Saison-2008-2009/Bonus.asp?Id=698&IdS=546


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Oct 08, 2008 6:48 am    Sujet du message: Répondre en citant

上のマルティネスとルテステュのインタビューですが、私のブログのほうによくコメントをお寄せくださる方が聞き取って要約したものを私にメールしてくださいました!(どうもありがとうございます Very Happy ) こちらへの掲載についても快く承諾してくださいましたので、みなさんどうぞ~:

Les enfants du paradis インタビュー要約

ジョゼ: 「ダンサーから振付家への移行は自然だった。ずっと振付家の作ったものを踊ってきたけど、ある日、自分で作って見たくなった。ダンスの延長。」

アニエス: 「ダンスを始めたのは、テレビで見て衣装に興味を持ったから。マーゴ、ヌレエフを描いて、そのように踊りたいと思った。自分にとってはダンスと衣装は切り離せない、同じもの。バレエを学び衣装も学んだ。コール・ドの時からガラで着る衣装をデザインしたけれど、それは白を基調にしたトラディショナルなもので、ちょっと何かをつけたりするくらいのものだったけれど、ジョゼが彼の始めての振付作品“ミ・ファヴォリータ”に衣装のオファーをしてくれた。チュチュをプラスティックやパニエで作り、カラフルにしたりして、それが本格的に衣装制作に係りだしたきっかけ。」

ジョゼ: 「『天井桟敷の人々』は全ての年代の人に愛される傑作。この作品にトライすることは困難であるが、一方、とてもコレグラフィックな作品であるので、その意味では簡単とも言える。」

アニエス: 「映画が白黒なので、どうすべきか議論したけど、ジョゼは結局ふたつの世界を採用。劇中劇をカラー、普通の生活を白黒、そして主要登場人物はカラー。」

ジョゼ: 「舞台裏や舞台上で起こる現在というようなものを見せたい。観客も客観的な観客ではなく、自分も舞台に参加していると感じるような形。」

アニエス: 「白黒映画だけど、これを見た人はみんな自分のカラーで映像を記憶している」

ジョゼ: 「これは、音楽、衣装すべてが係る壮大なプロジェクト。文字通り、夜中に夢を見るくらい夢中になっている。」


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Oct 08, 2008 6:49 am    Sujet du message: Répondre en citant

オペラ座サイトのフロントページの写真が、バティストに扮したマチューになってますね~! これって保存できないのかしらん。

『天井桟敷の人々』のページにプラン・フ(Pleins Feux)の詳細が載ってましたので転記。

Citation:
Pleins Feux sur Les Enfants du paradis
Présentation du ballet par Brigitte Lefèvre, avec la participation de José Martinez, danseur Etoile et chorégraphe, Ludmilla Pagliero, Christelle Granier, Bruno Bouché et Julien Meyzindi danseurs du Ballet de l'Opéra.

Amphithéâtre Bastille 11 oct. 2008 16h


案内役: ブリジット・ルフェーブル女史
出 演: 
ジョゼ・マルティネス(振付、エトワール)
リュドミラ・パグリエロ
クリステル・グラニエ
ブリューノ・ブシェ
ジュリアン・メザンディ

2008年10月11日16:00~
於)バスティーユ・アンフィテアトル


こちらは、本家からの情報ですが、"Casse-croûte"(カス=クルート)もあるようですね。
10月9日13:00~14:00 於)バスティーユ
*ジョゼ・マルティネス参加予定


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Oct 08, 2008 6:55 am    Sujet du message: Répondre en citant

情報がやや前後しますが・・・

日本ではフィガロ・ジャポンがいち早く取り上げてましたが、フランスでもいくつかの雑誌に特集記事やインタビューが掲載されている模様。 ダンソマニ本家から引っぱってくると・・・

Ligne 8
マルティネスと作曲を担当したマルク=オリヴィエ・デュパン氏のインタビュー

DANSE octobre 2008 - no.230
表紙: シアラヴォラ(ガランス役)とマチュー・ガニオ(バティスト役)
中身でも特集が組まれているのでしょうか?

Danser octobre 2008 (表紙:ミハイル・バリシニコフ)
『天井桟敷の人々』の特集あり
リハーサルの写真(多数!)、ルテステュによる衣裳のデッサン、マルティネスへのインタビュー、等々


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Oct 08, 2008 7:04 am    Sujet du message: Répondre en citant

それから、10/4にラジオ・フランスのFrance CultureのA quoi pensez-vous?という番組(この解釈で合ってるかしら?)にジョゼ・マルティネスが出演したようです。
サイトで聞くことも出来ますし、Podcastもあるんですよ~!

Link: France Culture: émission du samedi 4 octobre 2008 José Martinez

PODCASTS


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Jeu Oct 09, 2008 5:39 pm    Sujet du message: Répondre en citant

出ました。

ソフィアさんがいち早くお知らせくださっていますが、オペラ座のサイトに日毎キャストが載りました~。
ファースト・キャストはやはり、マチュー・ガニオとイザベル・シアラヴォラ。 ステファン・ビュリヨンは残念ながら降板しているようです。 代わりにバティスト役に入ったのが、ブリューノ・ブシェ。(このところ躍進してますね~。) マチアス・エイマンはエレオノーラ・アバニャートと組みま~す。

ソフィアさんが「Emmanuel Hoffaltって誰~?」って突っ込んでますが、キャストの中に謎の人物「エマニュエル・オファルト」という名が。 Shocked  公式サイトのくせに~。 エマニュエル・オフとジョシュア・オファルトが混じってるよ・・・ ま、おそらく、ジョシュア・オファルトが正解で、そのうち気付いて訂正するんではないですかね。 えぇ、気付けばね。


それと、面白そうな雑誌特集記事をこれまたソフィアさんが紹介してくださってますが、これも明日~。


http://www.operadeparis.fr/Saison-2008-2009/Distribution.asp?IdS=546


21 octobre 2008 à 19h30 2008年10月21日 19:30開演

GARANCE Isabelle Ciaravola
ガランス: イザベル・シアラヴォラ

BAPTISTE Mathieu Ganio
バティスト: マチュー・ガニオ

FREDERICK LEMAITRE Alessio Carbone
フレデリック・ルメートル: アレッシオ・カルボネ

LACENAIRE Benjamin Pech
ラスネール: バンジャマン・ペッシュ

NATHALIE Muriel Zusperreguy
ナタリー: ミュリエル・ジュスペルギ

LA BALLERINE Nolwenn Daniel
バレリーナ: ノルウェン・ダニエル

MADAME HERMINE Caroline Bance
エルミーヌ夫人: カロリーヌ・バンス

LE COMTE Christophe Duquenne
伯 爵: クリストフ・デュケンヌ

DESDEMONE Miteki Kudo
デズデモーヌ: ミテキ・クドー


23 octobre 2008 à 19h30 2008年10月23日 19:30開演

GARANCE Isabelle Ciaravola
BAPTISTE Mathieu Ganio
FREDERICK LEMAITRE Alessio Carbone
LACENAIRE Benjamin Pech
NATHALIE Muriel Zusperreguy
LA BALLERINE Nolwenn Daniel
MADAME HERMINE Caroline Bance
LE COMTE Christophe Duquenne
DESDEMONE Miteki Kudo


24 octobre 2008 à 19h30 2008年10月24日 19:30開演

GARANCE Eve Grinsztajn エヴ・グランスタイン
BAPTISTE Bruno Bouché ブリューノ・ブシェ
FREDERICK LEMAITRE Karl Paquette カール・パケット
LACENAIRE (Stéphane Phavorin →) Vincent Chaillet ヴァンサン・シャイエ **
NATHALIE Alice Renavand アリス・ルナヴァン
LA BALLERINE Sarah Kora Dayanova サラ・コラ・ダヤノヴァ
MADAME HERMINE Ghyslaine Reichert ギレーヌ・レイシェール
LE COMTE Aurélien Houette オレリアン・ウエット
DESDEMONE Nolwenn Daniel ノルウェン・ダニエル


25 octobre 2008 à 14h30 2008年10月25日 14:30開演
GARANCE Isabelle Ciaravola
BAPTISTE Mathieu Ganio
FREDERICK LEMAITRE Alessio Carbone
LACENAIRE Benjamin Pech
NATHALIE Muriel Zusperreguy
LA BALLERINE Nolwenn Daniel
MADAME HERMINE Caroline Bance
LE COMTE Christophe Duquenne
DESDEMONE Miteki Kudo


25 octobre 2008 à 20h 2008年10月25日 20:00開演

GARANCE Eve Grinsztajn
BAPTISTE Bruno Bouché
FREDERICK LEMAITRE Karl Paquette
LACENAIRE Stéphane Phavorin
NATHALIE Alice Renavand
LA BALLERINE Sarah Kora Dayanova
MADAME HERMINE Ghyslaine Reichert
LE COMTE Aurélien Houette
DESDEMONE Nolwenn Daniel


27 octobre 2008 à 19h30 2008年10月27日 19:30開演

GARANCE Eleonora Abbagnato エレオノーラ・アバニャート
BAPTISTE Mathias Heymann マチアス・エイマン
FREDERICK LEMAITRE Emmanuel Hoffalt 
LACENAIRE Vincent Chaillet ヴァンサン・シャイエ
NATHALIE Mélanie Hurel メラニー・ユレル
LA BALLERINE Aurélia Bellet オレリア・ベレ
MADAME HERMINE Caroline Robert カロリーヌ・ロベール
LE COMTE Jean-Christophe Guerri ジャン=クリストフ・ゲリ
DESDEMONE Charline Giezendanner シャルリーヌ・ジザンダネ


29 octobre 2008 à 19h30 2008年10月29日 19:30開演

GARANCE Eleonora Abbagnato
BAPTISTE Mathias Heymann
FREDERICK LEMAITRE Emmanuel Hoffalt
LACENAIRE Vincent Chaillet
NATHALIE Mélanie Hurel
LA BALLERINE Aurélia Bellet
MADAME HERMINE Caroline Robert
LE COMTE Jean-Christophe Guerri
DESDEMONE Charline Giezendanner


---------------------------
[2008/10/30]
* 10/30と11/3のキャストが入れ替わったのに伴い、10/30以降のキャストは2ページ目に改めて載せました。

30 octobre 2008 à 19h30 2008年10月30日 19:30開演

GARANCE Eve Grinsztajn
BAPTISTE (Mathieu Ganio→) Bruno Bouché*
FREDERICK LEMAITRE Karl Paquette
LACENAIRE Stéphane Phavorin
NATHALIE Alice Renavand
LA BALLERINE Sarah Kora Dayanova
MADAME HERMINE Ghyslaine Reichert
LE COMTE Aurélien Houette
DESDEMONE Nolwenn Daniel


1 novembre 2008 à 19h30 2008年11月1日 19:30開演

GARANCE Isabelle Ciaravola
BAPTISTE Mathieu Ganio
FREDERICK LEMAITRE Alessio Carbone
LACENAIRE Benjamin Pech
NATHALIE Muriel Zusperreguy
LA BALLERINE Nolwenn Daniel
MADAME HERMINE Caroline Bance
LE COMTE Christophe Duquenne
DESDEMONE Miteki Kudo


3 novembre 2008 à 19h30 2008年11月3日 19:30開演

GARANCE Eleonora Abbagnato
BAPTISTE Mathias Heymann
FREDERICK LEMAITRE Emmanuel Hoffalt
LACENAIRE Vincent Chaillet
NATHALIE Mélanie Hurel
LA BALLERINE Aurélia Bellet
MADAME HERMINE Caroline Robert
LE COMTE Jean-Christophe Guerri
DESDEMONE Charline Giezendanner


4 novembre 2008 à 19h30 2008年11月4日 19:30開演

GARANCE Isabelle Ciaravola
BAPTISTE Mathieu Ganio
FREDERICK LEMAITRE Alessio Carbone
LACENAIRE Benjamin Pech
NATHALIE Muriel Zusperreguy
LA BALLERINE Nolwenn Daniel
MADAME HERMINE Caroline Bance
LE COMTE Christophe Duquenne
DESDEMONE Miteki Kudo


5 novembre 2008 à 19h30 2008年11月5日 19:30開演

GARANCE Ludmila Pagliero リュドミラ・パグリエロ
BAPTISTE (Bruno Bouché→) Mathieu Ganio*
FREDERICK LEMAITRE Julien Meyzindi ジュリアン・メザンディ
LACENAIRE Sébastien Bertaud セバスチャン・ベルトー
NATHALIE Christelle Granier クリステル・グラニエ
LA BALLERINE Aurélia Bellet オレリア・ベレ
MADAME HERMINE Caroline Bance カロリーヌ・バンス
LE COMTE Alexis Renaud アレクシス・ルノー
DESDEMONE Pauline Verdusen ポリーヌ・ヴェルデュサン


8 novembre 2008 à 14h30 2008年11月8日 14:30開演

GARANCE Eleonora Abbagnato
BAPTISTE Mathias Heymann
FREDERICK LEMAITRE Emmanuel Hoffalt
LACENAIRE Vincent Chaillet
NATHALIE Mélanie Hurel
LA BALLERINE Aurélia Bellet
MADAME HERMINE Caroline Robert
LE COMTE Jean-Christophe Guerri
DESDEMONE Charline Giezendanner


8 novembre 2008 à 20h 2008年11月8日 20:00開演

GARANCE Eve Grinsztajn
BAPTISTE (Mathieu Ganio→) Bruno Bouché*
FREDERICK LEMAITRE Karl Paquette
LACENAIRE Stéphane Phavorin
NATHALIE Alice Renavand
LA BALLERINE Sarah Kora Dayanova
MADAME HERMINE Ghyslaine Reichert
LE COMTE Aurélien Houette
DESDEMONE Nolwenn Daniel

1. Dernière mise à jour le 9 octobre 2008 à 15h59, distribution susceptible d'être modifiée.
*2. Dernière mise à jour le 13 octobre 2008 à 09h40, distribution susceptible d'être modifiée.
**3. Dernière mise à jour le 23 octobre 2008 à 19h06, distribution susceptible d'être modifiée.




Dernière édition par mizuko le Jeu Oct 30, 2008 4:21 am; édité 4 fois
Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mar Oct 14, 2008 1:41 pm    Sujet du message: Répondre en citant

10/13付でキャストに若干の修正が入ったようです。

10/30 バティスト役 マチュー・ガニオ→ブリューノ・ブシェに変更
11/5 バティスト役 ブリューノ・ブシェ→マチュー・ガニオに変更
11/8(夜) バティスト役 マチュー・ガニオ→ブリューノ・ブシェに変更

上の日毎キャストに訂正を入れておきました。 訂正部分は下線で表示してあります。


しかし、"Emmanuel Hoffalt" は直ってないですねー Mr. Green


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Ven Oct 17, 2008 8:35 am    Sujet du message: Répondre en citant

遅くなりましたが、10/11に行われた"プラン・フ"について、本家に様子を知らせてくださっている方がいらっしゃいますので、大雑把に翻訳しますと:

振付は予想通り、クラシックの技法を用いたものであった。 ガランスとバティストの最後のパドドゥは、流れるような動きや突然の方向転換を伴うリフトなどからはキリアンの『ヌアージュ』を思い起こさせ、ナタリーとガランスが対立する場面は、マッツ・エックの『ジゼル』(ほど強烈ではないが)のような表現主義的なものに見えた。 とはいえ、様々な振付家の影響をコラージュしたような印象はなく、物語の意図ははっきりと見てとれた。 ガランスとバティスト(この日踊ったのは、パリエロとブシェ)のパドドゥでは、ローラン・イレールが非常に鋭く適切なコメントをしてくれたり、失敗した部分をジョゼ・マルティネスが即興で見せてくれたりして(?)、とてもわかりやすかった。

音楽については、とっつきやついという印象。 また表現方法に関しても映画の脚本から採用したと思われる動きもあった。 ルメートルとガランスが出会う場面の"部屋のパドドゥ"は、詩情溢れるものであった。

(*この後の文章がよくわからなかったので、割愛します。スミマセン。)


え~、というわけで、結局のところどんな舞台になるのかは、初日開けてみないとわからないわけですが、オペラ座側はこの新作のプロモーションには力を入れている様子で、本家ハイドンさんのコメントでは、「幕間にサプライズがあるようだ」だそうです。 大道芸人さんがロビーで風船配ったりお手玉とかしてるのかもしれませんね~。(←根拠のない想像です。)


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Ven Oct 17, 2008 8:37 am    Sujet du message: Répondre en citant

オペラ座のサイトに作品解説や構成が載ってます。 作品解説の翻訳は私にゃ無理ですが、構成はこのようになってるみたいですね~。 プロローグとエピローグ付きの全2幕。

『天井桟敷の人々』 全2幕 

プロローグ
扉が開くと、そこには何年も使われていない映画の撮影スタジオが現れる。 セットの一部、トランクに詰まった衣裳など・・・

第1幕
第1場: 1830年-Temple通り
第2場: フュナンビュル座
第3場: Le Rouge Gorge 流行のダンス(?)
第4場: エルミーヌ夫人の邸宅
第5場: フュナンビュル座 : パントマイム
第6場: フュナンビュル座のガランスの楽屋

第2幕
第1場: 大劇場 : フレデリック・ルメートルが主役を踊るバレエの初日
第2場: モントレー伯爵の館
第3場: フュナンビュル座 : Le Chant d'Habitsのパントマイム
第4場: モントレー伯爵の館での踊り
第5場: 伯爵の死とカーニヴァル

エピローグ
カーニヴァルももう終わろうとしているなか、バチストは一人取り残される。

Citation:
( http://www.operadeparis.fr/Saison-2008-2009/Bonus.asp?Id=715&IdS=546 より)

Prologue
Une porte s’ouvre, on découvre le lieu du tournage, un studio fermé depuis des années : un pan de décor, quelques costumes dans une malle …

Acte I - Première époque
Scène 1 « 1830 – Le Boulevard du Temple »
Scène 2 « Le Théâtre des Funambules »
Scène 3 « Le Rouge Gorge, un bal populaire »
Scène 4 « La pension de Madame Hermine »
Scène 5 « Le Théâtre des Funambules : la pantomime »
Scène 6 « la loge de Garance au Théâtre des Funambules »

Acte II - Deuxième époque
Scène 1 « Salle du Grand Théâtre : première représentation d’un ballet dont Frédérick Lemaître est l’interprète principal»
Scène 2 « Chez le Comte de Montray »
Scène 3 « Le Théâtre des Funambules : la pantomime du Chant d’Habits »
Scène 4 « Le bal chez le Comte de Montray »
Scène 5, « Meurtre du Comte et Carnaval »

Epilogue
Les derniers feux du Carnaval s’estompent, laissant Baptiste à sa solitude.


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Lun Oct 20, 2008 7:06 am    Sujet du message: Répondre en citant

[本家より]

こちらに載せるのが遅くなってしまいましたが、10/10付けでL'Expressに特集記事が掲載されました。 リハーサルについて取材したもので、写真もたくさん。 更にDiaporama(スライドショー)とリハーサル映像 Exclamation (2ページ目。短いけど。)も追加されてますので、是非どうぞ:

L'EXPRESS.fr : Les Enfants du paradis : de l'écran à la scène




いよいよ明日が初日です Very Happy


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Oct 22, 2008 6:08 am    Sujet du message: Répondre en citant

初日があけました!

まだ写真も批評も(ルポ映像も)出てないみたいですが、本家に投稿されているコメントを拾い読みしてみると、大成功! のようですね~ Very Happy

ジョゼは、こんな↓かんじかしら。



いやいや、この写真は10/20付けでスペインのEL PAIS紙に載ったものです。 (ブログジャンプでもありません。)
記事へのリンクはこちらです:
EL PAIS.com : La pirueta histórica de José Martínez

タイトルは、「ジョゼ・マルティネスの転機」かな?


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Oct 22, 2008 6:10 am    Sujet du message: Répondre en citant

本家に投稿されているコメントの解読を試みてるところですが、ひとまずこれだけ。

ハイドンさんのコメント・1から読み取れたのは・・・

幕間、ガルニエ宮の大階段付近では、アルルカンの衣裳を着たPierre Rétifが太鼓をたたいていたり、ピエロの格好をしたErwan Leroux(と思われる)がジャグリングをしたりしていたようです。 で、この↓チラシがまかれたらしい。 劇中劇の「オテロ」ですが、主演のオテロが(フレデリック=)アレッシオ・カルボネ、デズデモーナ役がミテキ・クドー。  でもって、振付:ジョゼ・マルティネスとか衣裳:アニエス・ルテステュとか、ふるってます。 Laughing




<続く>・・・ 
ちょっと待ってね♪


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Oct 22, 2008 8:24 am    Sujet du message: Répondre en citant

え~、ハイドンさんのコメント・2を一応解読してみまして、大雑把に日本語にしてみました。
間違ってる箇所があるかもしれないのと、よくわからなくて割愛した部分があることを予めご了承くださいね。

----------

第1幕は、非常に映画に忠実。 著作権の権利者側からそういった注文があったのかもしれない。
オリジナルの部分は、とてもよかった。 ストーリーがぶれることはなく、振付の組み立て方には統一性があった。 しかしながら、この作品の主役がガランスとバティストではなく、アレッシオ・カルボネが熱演したフレデリック・ルメートルに見えてしまったのだ。 フレデリックとデズデモーナは幕間には舞台を飛び出し、ガルニエ宮の大階段で、即興で「オテロ」を演じていた。 フレデリック役は、弱みがなくエネルギッシュで強いキャラクターとして描かれ、アレッシオ・カルボネはスタンディング・オベーションをもらっていた。

プログラムの解説によれば、映画のシーンから採用された部分はほんの一部で、それも暗示的なものにとどめているそうだが、絶妙であった。 例えば、幕が開く前のカーテンにプロジェクターで「«dépôt n°10»」(ユダヤ人を迫害していた時期を隠喩)と映写する、とか、第1幕の終わりで、ガランスと伯爵(クリストフ・デュケンヌが素晴らしかった!)が恋愛関係になるところでは、ガランスの音楽は「フランス」的なものを、一方で伯爵の音楽はドイツ的(タンホイザー?)なものを使用し、これは後にガランス役を演じた女優のアルレッティが、大戦の終わりに、敵国であるドイツ人将校に誑かされて結託した罪で逮捕されるという運命を隠喩しているのである。 そのときのアルレッティ曰く: «Mon cœur est français, mon cul est international»(「心はフランス人だけど、私のお尻はインターナショナルなの。」) (*"cul"って俗語ですかね。「おしり」というより「ケツ」とか「マタ」とかなかんじ? って、ここにこだわるなよ、オイ・・・)

とはいえ、イザベル・シアラヴォラは、アルレッティが演じたガランスからは敢えて距離をおき、マルティネスもそれを意図していたと思われるが、シアラヴォラのガランスは、「誘惑者」というより、(男性のほうが勝手に夢中になってしまう)「囚われの女」で、気まぐれだが誠実な女性として描かれていた。

第2幕の冒頭は、映画からは少し離れ、バランシン的「アカデミック」なバレエが繰り広げられた。

作曲者のMarc-Olivier Dupin氏は、大部分が様々なジャンルの音楽をコラージュしたものであったが、非常に効果的な楽曲を生み出した。 オーケストラも大変よかった。

この作品では、マチュー・ガニオは「バティスト・ドゥブロー」と映画でバティスト役を演じた「ジャン=ルイ・バロー」の両方のキャラクターを表現しなければいけなかったのだが、表現力豊かで説得力があり雄弁で、強烈なキャラクター(フレデリック役)のアレッシオ・カルボネに引けを取ってはいなかった。

それから、非常に難しい役のわりに目立たないラスネール役をバンジャマン・ペッシュが好演。 また、ミュリエル・ジュスペルギは、ナタリーの幼さのなかに無邪気さと清純さを表現していた。

そのほか、エルミーヌ夫人を魅力的に演じたカロリーヌ・バンス、Rouge-gorgeのシーンでのパリエログラニエも完璧であった。

---------

他の方のコメントも大絶賛!モードで、こんなかんじです:

・映画にとても忠実。
・振付はクラシックでもコンテンポラリーでもなく、しかし、オペラ座のダンサーたちに合ったものであったし、演じるそのキャラクターに沿ったものであっただけでなく、そのシーンによって異なってもいた。
・場面転換も巧みで、衣裳もたいへん趣味がよかった。


ん~、早く写真とか映像とかが見たいですね~。


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13904
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Oct 22, 2008 4:07 pm    Sujet du message: Répondre en citant

ハイドンさんがお知らせくださっていたので、発見することができました~!

本日10/22France 213 heuresジョゼ・マルティネスが出演してインタビューを受けました。 もちろん舞台映像もちょびっとだけありまして、カーニバルのシーン(?)、Balの冒頭(マチュー・ガニオが登場してます。)、幕間のガルニエ宮大階段での様子(ミテキさんが美しい~)が見られます Very Happy

こちらからどうぞ~ ("00h34m17s "からです):
http://jt.france2.fr/player/13h/index-fr.php?jt=20081009

日付が変わってしまったら、"Mercredi 22" を選んでね! お早めに~


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
Montrer les messages depuis:   
Poster un nouveau sujet   Répondre au sujet    Dansomanie Index du Forum -> ダンソマニ 日本語バージョン- Dansomanie en Japonais Toutes les heures sont au format GMT + 2 Heures
Aller à la page 1, 2, 3  Suivante
Page 1 sur 3

 
Sauter vers:  
Vous ne pouvez pas poster de nouveaux sujets dans ce forum
Vous ne pouvez pas répondre aux sujets dans ce forum
Vous ne pouvez pas éditer vos messages dans ce forum
Vous ne pouvez pas supprimer vos messages dans ce forum
Vous ne pouvez pas voter dans les sondages de ce forum


Nous Contacter
Powered by phpBB © phpBB Group
Theme created by Vjacheslav Trushkin
Traduction par : phpBB-fr.com