Dansomanie Index du Forum
Connexion S'enregistrer FAQ Liste des Membres Rechercher Dansomanie Index du Forum

Le Grand Gala [11-13/01/2018, Tokyo]
Aller à la page 1, 2  Suivante
 
Poster un nouveau sujet   Répondre au sujet    Dansomanie Index du Forum -> ダンソマニ 日本語バージョン- Dansomanie en Japonais
Voir le sujet précédent :: Voir le sujet suivant  
Auteur Message
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Sam Aoû 12, 2017 3:40 am    Sujet du message: Le Grand Gala [11-13/01/2018, Tokyo] Répondre en citant

ル・グラン・ガラ 2018 Le Grand Gala




( @James Bort http://theatre-orb.com/lineup/18_legrand/ )


ジョルジオ・マンチーニがドロテ・ジルベールとマチュー・ガニオに振り付けた 『トリスタンとイゾルデ』がついに日本に来ます! 加えて、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、八菜オニールをキャストにしたマンチーニの新作も上演されるということで、新年からこの上なく眼福な公演となりそうですね。


公式サイト : http://www.tbs.co.jp/event/parisopera-gala/

公演日程:

2018年 1月11日(木)18:30、12日(金)18:30、13日(土)13:00 / 17:00


プログラム:

「トリスタンとイゾルデ」(全幕日本初演)
振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ


「ヴェーゼンドンク歌曲集」(世界初演)
振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、八菜オニール


「スペシャル・フィナーレ」


会場:

東急シアターオーブ(渋谷)
http://theatre-orb.com/lineup/18_legrand/


出演予定:

ドロテ・ジルベール
マチュー・ガニオ
ジェルマン・ルーヴェ
ユーゴ・マルシャン
八菜オニール


チケット料金:

S - 14,000円、A - 10,000円、B - 7,000円 (税込) *2017年9月24日(日)発売

問い合わせ: チケットスペース 03-3234-9999 http://www.ints.co.jp/

主催:TBS / 企画協力:ベルチェ・アソシエイツ


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Sam Aoû 12, 2017 3:42 am    Sujet du message: Répondre en citant

それでですね、今日8/12(土)21:00~放送のTBS「世界ふしぎ発見!」がパリで、オペラ座の取材VTRではマチューと八菜さんのインタビューがあるそうです! 録画予約を忘れずに~。

http://www.tbs.co.jp/f-hakken/


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Lun Nov 13, 2017 4:00 pm    Sujet du message: Répondre en citant

11/10更新 Dance Cube掲載のユーゴ・マルシャンへのインタビューでは「ル・グラン・ガラ」のこともは少し触れられてます。まだ創作が始まったばかりということで、さらっとだけですが(しかもワーグナーは好みと違うらしい)、素晴らしい時間が過ごせそうだとのこと。ただ、このインタビューは11月入ってすぐくらいに行われたものだと思うのですが、ユーゴは先日怪我をして、「アゴン」だけでなく、年末の『ドン・キホーテ』からも降板しています。ちょっと1月が心配ではありますが、ご本人が Instagramで "See you on January..." と書いているので、大丈夫かな? とにかく早く回復しますように!


同じく Dance Cube に八菜オニールへのインタビューも出ています。
http://www.chacott-jp.com/magazine/interview-report/interview/1710interview.html

このインタビューの中でも明らかになってますが、先日主催者の方と話をする機会があって、そこで伺ったところでもやはり、『ヴェーゼンドンク歌曲集』はマンチーニが初めからジェルマン、ユーゴ、八菜さんの3人を想定してのクリエーションなのだそうです。


ちょっと明日続きを書きますねー。


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mar Nov 14, 2017 4:15 pm    Sujet du message: Répondre en citant

「ヴェーゼンドンク歌曲集」は、ワーグナーのパトロンの夫人、マチルデ・ヴェーゼンドンクの詩にワーグナーが曲を付けたもの。マンチーニは、ワーグナー、パトロンであり友人でもあったオットー・ヴェーゼンドンク、そしてその妻で当時ワーグナーと恋愛関係にあったマチルデの三人の関係をこの歌曲集で描きます。ワーグナーは同時期に「トリスタンとイゾルデ」も創作していて、それはまるで現実世界の三角関係を落とし込んだかのよう。トリスタンはワーグナー自身、イゾルデがマチルデ、そしてイゾルデが嫁ぐ王はヴェーゼンドンク。そんなことを考えたら、この二つの作品が並んで上演されるのは、とっても面白いと思います!

それから、マンチーニは、ダンサーありきで創作するタイプの振付家なのだそうです。ある程度の作品の構想は頭にあるのだと思いますが、まずダンサーがいて、そのダンサーの個性や資質がぴたっとはまる作品をひらめくといった感じでしょうか。「トリスタン・・・」もドロテとマチューにぴったりはまってますし、新作の「ヴェーゼンドンク・・・」もあの三人を見ただけで納得してしまいますよね。ま、若干濃厚なエロスが足りないような気もしますけど、えっと、お陰で (?) 安心して見れるし、とにかく美しいのでね。よいのではないですかね。たぶん。Teaserも入手しましたので、ちょっと確認してみましょう。Haydnさんにアップしてもらいますね!


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mar Nov 14, 2017 4:17 pm    Sujet du message: Répondre en citant

ちなみに、「トリスタンとイゾルデ」が初演されたときにスレッド立ててますので、リンク貼っときまーす。

Giorgio Mancini "Tristan und Isolde"


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mar Nov 14, 2017 4:18 pm    Sujet du message: Répondre en citant

それと、んも、後手後手ですが、ダンスマガジン最新号(2017年12月号)にマンチーニと出演者5人へのインタビューが出てます~。


あと、マダム・フィガロにも関連記事が出てましたね。こちらは「トリスタンとイゾルデ」の映像を作ったジェームズ・ボルトとドロテ・ジルベールご夫婦の素敵な関係にフィーチャーしてます。

https://madamefigaro.jp/paris/series/ballet/171025-dorothee-james.html


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Jeu Nov 30, 2017 3:33 pm    Sujet du message: Répondre en citant

マダム・フィガロに「ヴェーゼンドンク歌曲集」にフィーチャーした記事が出ています。マンチーニへのインタビューは詳しく、出演のジェルマン、ユーゴ、八菜さんの最近についても書いてある記事ですので、是非!

https://madamefigaro.jp/paris/series/ballet/171124-wesendonck-lieder.html


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Ven Jan 05, 2018 8:51 am    Sujet du message: Répondre en citant

公演まであと一週間を切りましたね! 本家でHaydnさんが告知してましたので、ちょっとコピー。

haydn a écrit:
Le Tristan et Isolde de Giorgio Mancini sera redonné à Tokyo le 11, le 12 et le 13 janvier 2018 au Théâtre Orb, couplé à une nouvelle création "wagnérienne" du chorégraphe italien, Wesendonck Lieder. Les interprètes en seront bien sûr Dorothée Gilbert et Mathieu Ganio, accompagnés cette fois de Hanna O’Neill, Germain Louvet et Hugo Marchand.




    Les Wesendonck Lieder

    Nouvelle création du chorégraphe Giorgio Mancini en Première mondiale à Tokyo

    Le chorégraphe Giorgio Mancini présente le 11 janvier en première mondiale à Tokyo sa nouvelle création, Wesendonck Lieder, en première partie de son Tristan und Isolde donné les 11, 12 et 13 janvier au Théâtre Orb.



    La nouvelle création de Giorgio Mancini, Wesendonck Lieder, s’inscrit en première partie de son Tristan et Isolde qu’il a voulu faire précéder d’un prélude, s’inscrivant ainsi parfaitement dans l’esthétique wagnérienne. Les deux pièces composent ainsi un programme cohérent, constituant de cette façon un cycle complet dédié à Tristan. Pour ces Wesendonck Lieder, le chorégraphe a conçu une pièce de 30 minutes pour trois grands danseurs de l’Opéra de Paris : les deux Danseurs Etoiles Germain Louvet et Hugo Marchand et la Première Danseuse Hanna O’Neill.

    Pour construire ce ballet, plus abstrait que narratif, Giorgio Mancini s’est servi de la musique des Wesendonck Lieder, ce cycle de lieder que Wagner a composé sur des poèmes de Mathilde Wesendonk avec qui il vivait alors une très grande passion. Musique prémonitoire puisque Wagner se servira des principaux thèmes des Wesendonck Lieder pour les intégrer dans Tristan qu’il écrira l’année suivante. Mélangeant subtilement vocabulaire classique et contemporain, solo, duo et trio, Giorgio Mancini fait ainsi s’entremêler les rythmes, les regards et les corps avec la même volupté que s’entremêlent les leitmotiv wagnériens. Mais surtout, le chorégraphe a voulu composer une pièce où les danseurs pourraient donner toute la mesure de leur art et mettre en lumière leur incroyable talent. Un décor épuré et des tenues fluides et minimalistes laisseront les corps parler et épouser la musique. Plus qu’un prélude au Tristan, ce ballet tout en intériorité et en intensité nous plonge directement
    dans les affres délicieux de la passion.


    A propos de Giorgio Mancini :

    Au terme d’une brillante carrière de danseur au Ballet du XXe siècle et au Béjart Ballet Lausanne, Giorgio Mancini dirige le Ballet du Grand Théâtre de Genève pendant neuf ans avant de prendre la direction de la compagnie MaggioDanza à Florence jusqu’en 2007. Il se consacre depuis à sa carrière de chorégraphe, créant des nouveaux ballets pour toutes les compagnies au monde et fonde, en 2011 sa propre compagnie de danse, le GM Ballet, pour amener la danse dans des lieux inattendus et faire découvrir la danse au plus grand nombre.


    Wesendonck Lieder / Tristan und Isolde

    Théâtre Orb – Tokyo (Japon)
    11 janvier, 18h30
    12 janvier, 18h30
    13 janvier, 13h et 17h


    Distribution :

    Wesendonck Lieder
    Germain Louvet, Hugo Marchand, Hannah O’Neill

    Tristan et Isolde
    Dorothée Gilbert, Mathieu Ganio

    Chorégraphie : Giorgio Mancini
    Costumes : Yiqing Yin
    Vidéos: James Bort
    Scénographie: Thierry Good
    Lumières : François Saint-Cyr
    Musique : Richard Wagner [Wesendonck Lieder (extraits) / Tristan et Isolde (extraits)]

    Durée approximative : 1h40



Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Ven Jan 05, 2018 8:53 am    Sujet du message: Répondre en citant

それと、公式サイトに出演者たちからの動画メッセージがあったので、お知らせしておきます~。YTでも見られます。ユーゴが一所懸命日本語で話してます。
https://youtu.be/IlAz2EnlSoU

Facebookのほうはあまり更新がないみたいですね。
https://www.facebook.com/legrandgala


それと、Dance Cube掲載のマチューへのインタビューでも「トリスタンとイゾルデ」について触れられてますので、リンクを貼っておきますね。
http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-paris/paris1712b.html


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Dim Jan 07, 2018 10:19 am    Sujet du message: Répondre en citant

いくつか記事が出てますので、リンクを貼っておきますね!

オニール八菜が世界初演「ヴェーゼンドンク歌曲集」で主演 「日本のみなさまにアーティスティックな一面をお見せできたら」
http://www.sankei.com/entertainments/news/180106/ent1801060007-n1.html

Topics: パリ・オペラ座精鋭が特別公演 虚実、二重写しに
https://mainichi.jp/articles/20180104/dde/012/040/007000c


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Jan 10, 2018 2:15 pm    Sujet du message: Répondre en citant

いよいよ明日開幕です! 今更ながら、新しい公式サイトと twitterを発見しました。

http://www.le-grand-gala2018.jp/
https://twitter.com/LeGrandGala2018


上演予定も発表されていましたので、貼り付けておきます~。
www.le-grand-gala2018.jp/program.html

Citation:
上演時間(予定)
ヴェーゼンドンク歌曲集 25分
休 憩         20分
トリスタンとイゾルデ  65分
スペシャル・フィナーレ  5分


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Mer Jan 10, 2018 2:24 pm    Sujet du message: Répondre en citant

Dance Cubeにジェルマン・ルーヴェのロング・インタビューが載っています。「ル・グラン・ガラ」については一部だけですが、かな~り読み応えのあるインタビューですので、是非!

http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-paris/paris1801c.html

今シーズンの予定も教えてくれてまして、この後は既報の『オネーギン』でのレンスキーのほか、日本公演でオーレリーと踊ったミルピエの『ダフニスとクロエ』、サシャ・ヴァルツの『ロミオとジュリエット』(パートナーはリュドミラ・パリエロ)を踊ることになってるそうですよ!

それにしてもジェルマンって面白い。


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Ven Jan 12, 2018 11:47 am    Sujet du message: Répondre en citant

昨日の初日を観てきました!とてもよかったです!
客席もほぼ満席で、拍手もなかなか鳴りやまなず、大成功の公演でした。

まず二つのプログラムにつながりがあり、またそれぞれの作品に長さがあって、しっかり味わえたのがよかったです。ダンサーが美しく、ワーグナーの音楽も素晴らしく、衣装と美術はシンプルで現代的、まさしく”アート”な舞台でした。

「ヴェーゼンドンク歌曲集」はできたてホヤホヤな感じ。八菜さんは汚れのない若妻がぴったりはまって、そこにいるだけでいいんだと思わされる存在感。二人の男性に愛されるのも納得してしまいます。マンチーニは八菜さんの良い面をそのまま使っていて、そのお蔭で改めて八菜さんは稀有なダンサーであることを再認識しました。直感で踊るユーゴ、思慮と配慮が見て取れるジェルマンという二人の対比も、芸術家とパトロンという人物にはまっていて、本当におもしろかった。(脱線しますが、この二人でベジャールの「さすらう若者の歌」を観てみたいと思いました~。絶対にいいと思う。)振付は、パ・ド・トロワ、ソロ、男性二人によるパ・ド・ドゥといったように変化しながら切れ目なく続く構成。振付のパ自体は、クラシックに少しだけコンテンポラリーといったスタイルで、奇をてらったところはなく、むしろ繰り返しが多くて特にすごいと思う箇所はなかったのですが、でも音と無理がなく、流れもあり、よくまとまっていたという印象。飽きたりしなかったのは、ワーグナーの音楽の力が大きかったようにも思います。そもそも、インスピレーションの源の人物にあてはまるダンサーを得ているので、作り込まなくていいのですね。衣装も八菜さんはやや光沢のあるライトグレーのノースリーブのレオタード、男性二人はベージュのひざ下丈のタイツのみ。美術も幕を動かすだけのシンプルなものでした。しかし恐らくそこにはマンチーニの緻密な計算があって、バランスのとれたものになっていました。何しろできたてホヤホヤなので、まだ振付が体に入ってない感がところどころ見受けられましたが、回を追うごとに馴染んでいくでしょうし、するとまた違った空気が生まれてくるかもしれません。

「トリスタンとイゾルデ」は、衣装を含め演出のアイデアが光って、”パフォーミングアート”を強く感じる作品でした。振付も「ヴェーゼンドンク・・・」よりもコンテンポラリーで、妙な動きがあったりしてましたが、それでも濃くなり過ぎないのは、ドロテとマチューという洗練の極致のようなダンサーが踊ったからかも。直前のヴェーゼンドンクと違う風味なのも、観客にとってよかったと思います。3部構成で、二つのインターバルにはJames Bortによる映像を挿入。これが想像していたよりも効果的でした。イーチン・インによる衣装は場面ごとに変化します。最初の場面では非常に薄い布を使用していて、それが風に揺れるのが美しいことと言ったら!第3場面の冒頭(だったかな?)、天女の羽衣のような不思議に光る布も使用していたのですが、あれはどのような素材なんですかね。
ストーリーを語っていないとはいえ、濃厚な愛の物語、にしてはドロテが少し冷めてる感じがしましたが、終盤になってやっと熱を帯びてきました。初日でいろいろ気が散ることがあって、なかなか集中できなかったのかもしれません。舞台で何回か目になるともっと入り込んで、更によい舞台になりそうな気がしました。マチューはとにかく美しく、どこか切なく、でも踊りのほうはどこにも危なげがなくて、言うことはありません。こちらは見とれるだけです。それに今回は特に自信に満ちたプロフェッショナルを感じました。ドロテとは体の大きさも合ってるし、とても良いパートナーシップだと思います。

ハイセンスなこの作品、やはり通しで見るべきと思いましたし、奥行きや照明の微妙な効果も感じられるライヴの舞台で見るのがいいと思いました!
既に何箇所かで上演されてますが、芸術祭のようなイベントが似合いそう。でもそれだと日本ではなかなか機会がありそうにないので、今回実現してよかったと思います。

「ヴェーゼンドンク歌曲集」と「トリスタンとイゾルデ」、本当に各ダンサーが人物/役柄にぴたっとはまっていて、ダンサーにとっても振付家にとっても幸運な出会いだったのではないかと思います。マンチーニがレヴェランスに出てきたとき、満面の笑みだったことも付け加えておきましょう。(顔が真ん丸でしたー。)


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Ven Jan 12, 2018 3:36 pm    Sujet du message: Répondre en citant

公演が始まる前にアップできなかったのですが、リハーサルを取材した Vogueの記事がありますので、是非どうぞ~。

https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2018-01-10-2/page/7


Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
mizuko



Inscrit le: 16 Avr 2006
Messages: 13517
Localisation: tokyo

MessagePosté le: Sam Jan 13, 2018 8:47 am    Sujet du message: Répondre en citant

プレス用の公演写真をいただきましたので、掲載しまーす。(撮影:瀬戸秀美)


















Revenir en haut
Voir le profil de l'utilisateur Envoyer un message privé Visiter le site web du posteur
Montrer les messages depuis:   
Poster un nouveau sujet   Répondre au sujet    Dansomanie Index du Forum -> ダンソマニ 日本語バージョン- Dansomanie en Japonais Toutes les heures sont au format GMT + 2 Heures
Aller à la page 1, 2  Suivante
Page 1 sur 2

 
Sauter vers:  
Vous ne pouvez pas poster de nouveaux sujets dans ce forum
Vous ne pouvez pas répondre aux sujets dans ce forum
Vous ne pouvez pas éditer vos messages dans ce forum
Vous ne pouvez pas supprimer vos messages dans ce forum
Vous ne pouvez pas voter dans les sondages de ce forum


Nous Contacter
Powered by phpBB © phpBB Group
Theme created by Vjacheslav Trushkin
Traduction par : phpBB-fr.com